秋田にある医学部専門の予備校に通って受験勉強をした

何とか医学部に合格することが出来た

卒業後は東京都にある大学に進学するために秋田から上京 | 何とか医学部に合格することが出来た

丁度私の学校の近くに大きな予備校があったのでそこに通うことにしたのですが、その予備校の授業は大人数で行われていたので分からない箇所があっても講師に聞くことが出来ませんでした。
またその予備校に通っている学生の多くは文系か理系の学部を目指していたこともあって、そういった人達のための授業を行っていたのでそこに通っていてもあまり意味がないと考えるようになりました。
そこで私は医学部専門の予備校がないかインターネットで調べたところ、最寄り駅から1時間ほど行ったところにある駅の側にそういった予備校があることを知りました。
私はこの予備校ならば良いのではないかと思い一度模擬授業を受けたのですが、そこでは少人数で授業を行っていて分からないところがあれば講師に気軽に聞くことが出来るので私には合っていると感じました。
私は直ぐにでもその予備校に通いたいと思ったのですが、この予備校の授業料はけっこう高いので両親が良いと言うか分からずに少し不安でした。
しかし父親は絶好のチャンスなんだからそこで一生懸命勉強してみれば良いと言ってくれて、快くその予備校に通わせてくれました。
私はその父の言葉に有難いと感じて、絶対に合格してやると言う気持ちでその予備校に通って一生懸命受験勉強をしました。
そしてそこに通ってから徐々に成績が上がって高校最後の模試では好成績を収めることが出来たので、学校の先生からも絶対に受かるとお墨付きをもらいました。
私はそのことによって大きな自信が付いたおかげで試験当日も全く緊張することなく平常心で試験を受けることが出来て、その結果何とか合格することが出来たので本当に良かったです。